これはsexじゃない
1/4ページ

最近寒くなってきたじゃん?
で、昨夜寒いから風呂入りたくなかったんだよ。
面倒くさいな〜って思いながら、リビングでゴロゴロしてたらさぁ。
姉が風呂どうすんのって聞いてきたんだよ。
「寒いからもう入りたくねぇ」
って言ったら、
「姉ちゃんも寒いから入りたくない」
って言うんだよ。
で、おれもちょっと風邪気味だったし、コタツに入って鬼殺しチビチビ飲んでたのね。
それから、姉が作ってきたうどんすすって、グダグダとテレビ見てたんだよ。

コタツで、姉の隣で並んでグダグダとね。
姉「うどんおいしい?」
おれ「うん」
姉「アンタなんか、顔赤いよ?熱あるんじゃないの?」
おれ「そうかも…何か肩の辺りとか痛い」
そう言ったら、姉がいきなり、おれの前に身を乗り出して、向かい合わせで肩を揉み出したのね。
その瞬間に、シャツの襟で首が軽く絞まっちゃって、はずみで勢い良くゲロを吐いてしまった。
目の前の、うどんもコタツも一気にゲロまみれ。
姉も見事にゲロまみれ。

姉一瞬、激怒ですよ。
姉「お前!!何でイキナリ吐くの!?ちょっとは、考えろ!」
おれ「うっごふっゴメン…」
姉「汚いなぁ!お風呂もう冷めてんのに〜!」
そこら中を布巾で拭きながら、プンプン怒ってた。
姉「さっさと風呂行け!着替え用意しとくから」
おれは、何かフラフラするけど、服を脱いでシャワーを浴びようとした。

脱いだ服を、そのまま洗濯機に入れとくと、姉がまた怒った。
姉「こら!ゲロまみれなんだから、ちゃんとお風呂でゆすいでから洗濯機に入れろ」
って言って、風呂のドアを開けて丸めたおれのゲロつき衣服を投げ込んできた。

寒いからさっさとシャワーを浴びようとしながら、衣服にもお湯をかけてゲロをゆすぐ。
お湯を出して、衣服を足で踏んでゆすいでたら、足が滑ってふらついた。
熱があったのも手伝ってか、そのまま風呂場で勢い良く転んでしまった。
冷め気味の湯船に倒れこんだので音が響いた。
姉が、急いでやってきて、素っ裸のおれを抱き起こす。
その時に、また猛烈に吐いてしまった。今度こそは、姉の全身がゲロまみれ。
抱き起こされた時に、姉の肩口に頭があったので、肩からズボンまでゲロまみれ。
姉「大丈夫?本当に具合悪いじゃん!?ちょっと座んなさいよぉ」
おれは、何故か朦朧としてた。
熱が上がってたみたい。

姉「ちょっと、もう、おねえちゃんが洗ってあげるから、ちょっと待て」
おれ「えぇ…うん」
もう熱に浮かされて、わけがわからなかった。
そうしたら、姉がゲロまみれのトレーナーとジャージのズボンを脱いで下着姿になった。

パンツとブラだ。
こんな時だけど、なんか艶かしいぞ?
姉「も〜う!こんなに調子悪くなるまで何で言わないのぉ?」
怒りながらも、脱いだ衣服をおれの衣服と一緒にゆすいで、おれにシャワーをかける。
姉「熱、大分上がってるんじゃないの?大丈夫?お風呂追い焚きにしてるから、入る?」
言いながら、健康タオルに石鹸をつけておれの体を泡立てる。

椅子に座ったまま、姉に体を洗われていると、姉の胸の谷間や白い太ももに泡が飛ぶ。
それを見ていると、本体は、フラフラなのにチンコが盛り上がってきた。
姉「ちょっと…あんた何考えてんのぉ…?」
やばいなと思ったけど仕方が無い。
おれ「ごめん。何にも考えて無い。バテマラってやつだと思う」
姉「姉ちゃんを見て…勃ったの…?」
おれ「違うって…反射的なもんだと思う…疲れてるから…」
そんな、訳のわからない言い訳をしながらも、チンコは治まらない。
姉の手が、おれの股に伸びる。
姉「あはっwかわい〜い♪」

おいおい何考えてんだよ…姉?
姉「○○も、オナニーしたりするよね?こうやって擦るの?」
軽く手コキされて、思わずビクっとしてしまった。
姉「ごめんごめんwびっくりした?硬くなってるけど大丈夫?出さなくてもいいの?」
おれ「大丈夫、多分後でオナニーすると思う」

姉「そんなに弱ってるのに、もう今日は寝た方がいいよぅ…でも、勃っちゃったもんねぇ」
姉は、その後もおれの体を洗いながら、何となくチンコを気にしているようだ。
姉「よし!じゃあ、ここでお姉ちゃんが出させてあげるよ!」
おれ「え!?何言ってんだよ?恥ずかしいからいいよ」
姉「後で勝手に動いて、風邪こじらせる位だったら、今出しとこうよ」
言いながら、有無を言わせず、シャンプーを付けて、おれのチンコを手コキし出した。


姉「ねっ?きもちいぃ?どう?」
おれ「いや、恥ずかしい…」
姉「やっぱり、何かおかずいる?お姉ちゃんの下着姿じゃダメ?」
そーじゃねぇwwwこんな状況で手コキされてもwww
姉「ちょっと待ってね。お姉ちゃん協力するから」
そう言って、姉がブラを外した。
チンコが、一層大きくなった。
おれもおっぱいは大好きだ。でも、姉のじゃねぇwwwでも、勃ってしまうおれorz
姉「恥ずかしいけど、出しちゃってね…イケそう?」
おれ「うん…出そう…」
姉「良かった…お姉ちゃんのおっぱいも捨てたもんじゃないねぇ♪」
姉「出る時言ってね。お姉ちゃんよく見たいから」
おれ「恥ずかしいよぉ…」
もう、姉は、楽しんでいるようだ。
おれ「出る!イクよ!」
姉「出して。どれくらい出るの?」
そう言って、姉が少し覗き込んだところで、一気に大量に出た。
ここの所、調子悪くて、オナ禁していたのがまずかった。
姉の髪の毛まで、べったりと飛ばしてしまった。

次のページ


ケータイ官能小説トップ







Total:7126
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space