姉にオナニーを見られて
1/4ページ

俺が高1で姉が高3のときだった。
俺はコタツでテレビを見ていたら、姉が学校から帰ってきて、「寒い寒い」言いながら、制服のままコタツに入ってきた。
しばらくすると、姉は疲れていたらしく、コタツに入ったまま寝始めた。
テレビがCMに入ったので、俺はとくに意味もなく、コタツに顔を突っ込んだ。
すると、対面に寝ている姉のスカートがめくれて、パンツがモロに見えた。
罪悪感を感じてすぐコタツから顔を出した。
しかし、やっぱりまたコタツに顔を入れた。
コタツの中で姉のパンツをマジマジ凝視してしまった。
姉はけっこう美脚で、パンツは白と青の縞々だった。
姉のパンモロだとわかっていても、チンポが固くなってしまった。
俺はコタツから出て、自分の部屋に帰った。
自分の部屋で、以前録画した格闘技のビデオを見始めた。
しかし、どうもさっきの姉のパンモロがちらついてしょうがない。
俺はついに姉の脚とパンツを思い出しながら、布団の上でオナニーし始めた。

姉「ねえ、正登」
と、姉がノックもせずに部屋に入ってきた。
俺「なに?」
俺はとっさにズボンを上げる。
何事もなかったように、格闘技のビデオを見た。
姉「この間のビデオの続き貸してほしいだけど」
俺「ああ、その本棚にあるよ」
俺は姉の目的のビデオを指差す。
姉は背伸びして、本棚からビデオをとった。
俺はどうしても、背伸びした姉の太ももに目がいってしまう。
例に漏れず俺の姉も制服のスカートを短くしてはいていたが、パンツが見れるかどうかの絶妙の長さはエロいと思う。
ビデオをとると、姉は部屋から出て行った。
あぶねーと思いながらも、さっきの姉の太ももでまたオナニーした。
その翌日ぐらいだったと思う。姉が部屋に入ってきて、
姉「ねえ、格闘技って面白い?マッチョの男たちがリングで抱き合ったりするんでしょ?」
俺「え?おもしろいよ。寝技を退屈に思う人も多いんだろうけど、詰め将棋的な面白さがあるよ」
姉「メジャーに言った多田野っていう投手、知ってる?」

俺「いや、よく知らないけど、野球は」
姉「砲丸投げの室伏っているよね?どう思う?」
俺「すごいと思うよ。筋肉すごいし。動物みたい」
姉はなんか要領の得ない質問ばかりする。
今だったらわかるのだが、当時は何の関連性のある質問なのか、よくわからなかった。
それから数週間後ぐらいに、姉が美沙さんというクラスメイトを連れて家にやってきた。
美沙さんは姉とは違って、けっこう気さくで、派手なタイプの女の人。
俺も何度か会ったことはある。
なんでか知らないが、俺も部屋に呼ばれて一緒に会話に参加させられた。
姉がトイレに行くと、美沙さんが
美沙「ねえ、正登くん」
俺「はい?」
美沙「今度さ、二人で映画見に行かない?」
俺「え?」
美沙「さっき観たい映画があるって言ってたじゃない。あれ私も観たいなって思っててさ」
俺「はい、いいですよ」
美沙さんは笑って、
美沙「それじゃ、決定ね。いつ行く?」

次のページ


ケータイ官能小説
┗エッチな携帯小説
芸能人お宝画像広場
┗パンチラとか超たくさん
ミントCJメール
┗動画で探す出会い系
携帯動画館
┗無料で見れるアダルト動画
PC☆MAX
┗ギャル雑誌で有名なサイト



お問い合せ

Total:16166
今日:1
昨日:0

[編集n] [新規n]

違反を通報する






無料ホームページ作成
Life Space