姉と沖縄旅行[3]
1/4ページ

沖縄旅行3日の朝、俺はかなり朝早くに目が覚めた。
カーテンの隙間からは街灯の明かりがほんの少しだけ入ってきて、部屋の中がぼんやりと映し出されている。
どうやらまだ日の出前のようだ。俺の隣では仰向きになった姉貴がスゥスゥと寝息をたててまだ眠っている。
そういえば今まで意識して姉貴の寝顔なんて見た事あったかな?ぼーっとしながらタバコに火を付け、
姉貴の寝顔をずっと見ていた。つるんとした丸顔でかわいいなと思った。

ふと目線を胸の辺りに持っていくと、なんだかイビツな形で布団が盛り上がっている。
「おや?」そう思って布団を少しだけめくって見たら、姉貴は腕組みして寝ていた。

「へぇ。この人、腕組みして寝てるよ(w)」

今回の旅行で、姉貴の知らなかった一面がどんどん発見出来たことは俺にとってすごくうれしい事だ。
でも、この腕組み寝姿はうれしい発見!というよりも笑っちゃう発見(w)

姉貴が起きないように俺は声を押し殺してしばらく笑ってた。
そうこうしている内に姉貴も目が覚め、猫のようにゴロゴロと俺にくっついてきて「おはよ」と挨拶をしてきた。

ホテルのレストランで朝食バイキング。安いツアーだけど朝食が付いているのは面倒が無くてうれしい。
姉貴は朝から食欲があるようだ。クロワッサン3つも食べていた。

「ハラ減ってたの?うまそうに食うね(w)」と姉貴に言う俺。
「このクロワッサンおいしいよ。○○も食べてごらんよ」
「いや・・・。俺、ご飯だから・・・」
俺のトレイの上には味噌汁とご飯、海苔や納豆といった典型的な和食であり、どれもクロワッサンとは合いそうに無い。
「ふぅ〜ん・・・もったいないお化けが出るよ」姉貴はそう言って、りんごジュースを飲んでいた。
姉ちゃん、俺は何も食べ残してないよ・・・(汗)

この日は午前中にパラセーリングをやる予定。二人とも初体験だし、すごく楽しみにしていました。
姉貴を助手席に乗っけてホテルを出発!「姉ちゃんさ〜、びびって泣くなよ?」「そっちこそっ!」
こんな会話を交わしている内にマリンショップに到着。
外のベンチには4人グループの女の子達(女子大生くらいの年齢かな)が先に来て座っていたので、
軽く挨拶を交わした後に受付を済ませ、一緒にボートに乗って目的地の沖まで行った。

俺達の順番は3番目で最後。1番目のペアのフライトが終わると、係の人からライフジャケットが手渡された。
「ね。手伝って」と姉貴に言われて、ライフジャケットを着せるのを手伝った。
ライフジャケットのベルトを胸の前で締めあげると、水着の胸の谷間がぐぐっと強調される。
じろじろと見ていたら、どこ見てんのよと姉貴に注意された。

いよいよ俺達の順番が回ってきた。ハーネスを身体に取り付けられた後、姉貴が手を繋いできたので一緒にどきどきしながらフライトの瞬間を待った。

一瞬ふわっと身体が浮いたと思ったら、一気に身体が空中に持っていかれて、二人して「わあーーっ!」と大きな声を出してハイテンションに。
乗っていたボートがみるみる小さくなっていき、背部ではパラシュートがダイナミックに開いている。
姉貴は俺以上に興奮しているのか、足をぱたぱたとさせ年甲斐もなくキャーキャー言って喜んでる。繋いでいる手にも力がこもっている。
楽しそうな姉貴の横顔を見ていたら、姉貴を旅行に誘って本当に良かったなぁと心の底から思った。
俺はもっと遠くの景色を満喫すれば良かったのに、あとから思うと姉貴の喜んでいる横顔ばかり見ていたかもしれない。

かなり上空に到達した頃、「これサイコーだね!」と興奮気味に姉貴が言ってきたので、
俺も「チョー気持ちいいねー!」と言って繋いでいる手を上げてバンザイをしてみた。
はしゃいでいる姉貴がなんとも言えないほど萌える。俺は唐突に、姉ちゃん大好きだよと言ってみた。
人がそばにいたらとてもじゃないがこんなことは言えない。

姉貴はうれしそうな顔をして「もぉーーっ!・・・」と言って唇を近づけてきた。
俺は、ボート上にいる人達に見られてしまうのではないかと思ったが、上空から見たボート上の人達は表情までは見えない。
向こうからもこちらの顔なんて見えないだろうなと思って姉貴と唇を重ねた。
目をつむってソフトなキスをしている数秒間、俺の耳にはパラシュートが風になびく音しか聞こえなかった。

ウインチで徐々に俺達の身体はボートに引っ張られ、デッキの上に無事に着陸。約10分間のフライトが終わった。
「お疲れさまでした〜」と言って係の人がハーネスを外してくれた後、座席に戻ろうとした時に4人グループの女の子達がニヤニヤしている。
「あ。キス見られたかな・・・」そう思ったのも束の間、「うらやましぃー!」と一人の子が絶叫。
俺は女の子4人の視線に耐えられなくなり、恥ずかしくなってそそくさと一番後ろの座席に座った。
イェーイ!と声が聞こえ、パチンパチンと音がする。ん?顔を上げるて前を見てみると・・・
そこには慣れない手つきで女の子達とハイタッチしている姉貴がいた。。。

「姉ちゃん、もうホントにやめてくれ(滝汗)」俺の方が絶叫したいくらいだった。

パラセーリングを楽しんだ後、車で一度ホテルに戻った。車内でお昼ごはんはどうする?という会話になり、
テキトーにコンビニで買ってビーチで食べようかと言う結論になった。
コンビニ経由でホテルに戻り、姉貴と自然に手を繋いでテクテクと歩きながらビーチへ向かった。

昨日以上に天気は快晴。海はエメラルド色。今日もビーチには人が少なく、ぽつんぽつんとカップルやファミリーがいる程度。
また昨日と同じ場所に陣地を取り、俺はパラソルを立て、姉貴はシートを敷き、二人並んでアミノ酸系ドリンクをぐびっと飲んだ。
しばらくまったりと水平線を眺めていたら、姉貴は水着の上に着ていたTシャツを脱ぎだした。

「(日焼け止め)コレ塗ったら、シュノーケリングやろう〜」
姉貴は、まめまめしく動きながらゴーグルや浮き輪を並べてスタンバっている。

次のページ


ケータイ官能小説
┗エッチな携帯小説
芸能人お宝画像広場
┗パンチラとか超たくさん
ミントCJメール
┗動画で探す出会い系
携帯動画館
┗無料で見れるアダルト動画
PC☆MAX
┗ギャル雑誌で有名なサイト



お問い合せ

Total:4570
今日:1
昨日:0

[編集n] [新規n]

違反を通報する






無料ホームページ作成
Life Space