姉に惚れられた
1/5ページ

姉に惚れられてしまった。

大好きだった彼氏に浮気された上に、相手の女に彼氏を寝取られた姉
姉は仲間由紀恵似の美人で今時珍しくクソ真面目で一途な感じ
自慢の姉なだけに可愛そうで、弟としてちょっとした悪戯心とサプライズの気持ちで
慰めるパーティーをしたんだよね

姉が居ない間に俺の部屋を掃除して飾り付けして
ケーキを買ってきてさプレゼントも用意したりして
変な気持ちは一切無いの本当、照れ隠しというかね
振られた姉を茶化してすこし元気をつけて欲しかったからさ

初恋の相手は姉だったけどソレは小学生低学年の時の話しだし
女性として性的に意識した事は一切無い
実際下着姿とかで歩かれると微妙な感じさえするしね

学校から帰ってきて部屋に引きこもろうとする姉を呼び止める
最近は落ち込んでて部屋で一日中引きこもって思い出し泣きしたり
そのくせ学校にはちゃんと行くから流石真面目だと思う

「なに?」
どんよりした顔の姉を強引に部屋に連れていき
中に入れる
「トオルちゃん・・これ・・・」
飾り付けられた部屋と中央のケーキ(姉頑張れの文字)をみて泣き始める姉
「何時までもないてんなよ!美人なんだからその内男なんて直ぐできるよ!」

「ええええんありがとうトオルちゃん!」
抱きついてきて号泣する姉
正直軽いのりだったからマジ泣きで感動されてビックリした。
しばらく抱きついたまま泣き続ける姉を抱きかかえる形で座って慰めること1時間位
「そういえばトオルちゃんは昔から私が怒られたりして泣いてるとずっと側にいてくれたね・・」
と思い出話にシフト

自分でも意識はしてなかったけど、そういえばそうかなと思う
まあ、お姉ちゃん子では有ったと思う、年は5つ近く離れてるしね
優しい姉で喧嘩したことも無いし、姉は何でも自分が我慢して僕にくれるような人だから
おやつのドーナッツとかでも自分は一口食べて残りをもう全部食べて物足りなさそうにしてる俺にくれたりとか
正月のお年玉が意外に少なくて思ってたゲームが買えなかったときも
自分のを少しくれたっけな

姉ちゃんが始めて彼氏を家に連れてきた時は本当失恋した気持ちだったと思う
まだガキだったけど盗られた!って凄い悔しかった。

まあ、こうやって書くと姉ラブみたいだけど
別にそれは姉弟としての感情だった。

「私トオルちゃんみたいな彼氏がよかったなぁ・・」
だから散々泣いた後にケーキ食べつつこんな事言われた時は笑ってた。
ところがどうも姉は本気でそう思い始めてたみたい
その翌日から姉の攻勢が徐々に始まる
まず、メールの頻度が増えた。
今までは帰りにプリン買ってきてとかのやり取りはあったけど
凄い他愛も無いメールがバンバン来るようになった。

家に居ると俺の部屋に来てTVみたり
昔よく遊んだみたいにベタベタとスキンシップが増えた。
なんか急に大人っぽかった姉が小学生みたいな甘え方をするようになった。
「トオルちゃんっていつの間にかこんなに大きくなったんだねぇ」
とか言い出してよっかかってきて
子供がお父さんの胡坐の上に座るような感じできて
俺の手を回して俺が抱っこするような感じでTVみたり

「なんだよ、うっとおしなぁ」
とか言うとスネる・・・まあ可愛いといえば可愛いんだけど
姉の変わりようにちょっと如何したのかなと思ってた。

んで、イヨイヨ変だなと思わざる得ない事が起こった。
一応俺も彼女居るんだけど
休日約束して出かけようとしたら「私も一緒にいく!」とか言い出した。
「え、何処の世界に姉同伴で彼女とデートする奴が居るんだよ・・・・」
とドン引きしてると「やだ!ヤダ!一緒に良く!トオルちゃんの彼女とあそぶ!」と子供みたいに駄々っ子
俺(´д`;)で(お前大学生だろ・・・)
ソレを見た母が心配して
「お姉ちゃんあんな事あったばかりだから、不安定で寂しいのよ気分転換に連れてってあげなさい」
とか言い出すの思わず自然に「どんだけー」って言っちゃった。

つーことで仕方ないから彼女にメールして急遽、買い物⇒カラオケ⇒ラブホ行きが
買い物⇒カラオケに変更俺(д)
前々から俺の姉ちゃんに興味深々だった彼女がノリノリだったのが救い
なんつーか会わせたくないのよ、凄い恥ずかしいの彼女を姉に紹介するのって
また、結構嫌がる子も多いんだよね意外と彼氏の姉ってさ

「始めましてトオルちゃんの姉の由紀恵です!」
なんかやたらテンションが高い姉、俺からすると(アンタ誰状態)
俺の男友達とかから「姉ちゃん仲間似の美人」って聞いてたから
「どんな人が来るのかな」とちょっと緊張してた彼女もホッとしたのか
直ぐに意気投合
女2人に彼方此方引っ張りまわされて大変だった。
一応「彼氏に二股かけられてふられたから色々変だから察してあげて」ってメールしておいたのが効いたのかも知れない
彼女が姉ちゃんに凄い優しいのw
いい子だわいw俺の目に狂いはなかった。
と2人のほほえましい姿を見てて和んでた。

んで、あんまりにも仲よさそうに洋服とか選んでたからなのか
店員が「仲が良いですねwお姉さんですか?」とか言い出す。
彼女は姉と姉妹扱いされた事が嬉しいらしいくて
「えーそうみえますか?嬉しいなぁw」とか言い出す。
姉「ふふふwやっぱりトオルちゃんの女の子の趣味って私系列かなぁw」
「おいおい!変な誤解を生みそうな発言はやめてくれよ」

マジソレって彼女的にどうなんだよと思って彼女のほうをみると
「あーやっぱりトオル君の初恋ってお姉さんなんだw」
「お姉さん美人だもんねぇw」
「やだぁw彼女ちゃんそんなことないよぉw」
と満更でもない姉・・(だから誰だよそのキャラ・・)

確かに、彼女も黒髪ストレートだけどよ・・・別に彼女選ぶ時意識はしてない
実際一つ前の彼女はちょっと茶髪だったし・・・天パだったし・・直ぐ別れたけど・・

次のページ


ケータイ官能小説
┗エッチな携帯小説
芸能人お宝画像広場
┗パンチラとか超たくさん
ミントCJメール
┗動画で探す出会い系
携帯動画館
┗無料で見れるアダルト動画
PC☆MAX
┗ギャル雑誌で有名なサイト



お問い合せ

Total:13162
今日:1
昨日:0

[編集n] [新規n]

違反を通報する






無料ホームページ作成
Life Space