妹に中田氏
1/3ページ

今日は自分が仕事を有休で休みを取っており、妹は何故か家にいました。
大学ってまだ始まってないのかな?よくわかりませんが。
自分は22、妹は19です。
親は仕事でおらず、祖父母もたまたま旅行に行ってました。
弟もいるのですが、高校に行ってたみたいです。
居間にいた妹と会話しながらだらだらとテレビを見ていたのですが、妹が肩こりやすいらしく、肩がだるいと言うので揉んであげる事にしました。

揉んでみるとたいした事なかったんですが、気持ちよさそうだったので、だまって揉んでました。

で、だんだん自分も疲れてきたんで、もうやめていいか?と聞いてみましたが無視。
明らかに続けろという意志が見え見えだったので、
面倒くさい自分は、チチでも揉めばびっくりして嫌がんだろ〜と思い、チチを鷲づかみにして、「夏なのに肉まんみっけ♪」などとバカまるだしの事を言ってみました。

すると妹が「あっ...」とか言うので、調子に乗って2・3回揉んでみたら、
「〇〇〇(俺)のえっち!」とか言うので、ちょっと萌え入って揉みほぐしまくりました。
なんか妹も嫌がらず、気持ちよさそうなんで、「直接おっぱいさわっていい?」と自爆覚悟で聞いてみましたら、「ん〜...いいよ。でもちょっとだけだよ?」との事。
迷うことなく揉ませてもらうことにしました。
もうだいぶ興奮していたので、すぐさま、しかし優しく妹のTシャツに手を入れブラに手をかけ...ブラシテネ-!!

どうりでなんか揉みごたえあったなぁと思い、乳首を探しながらもみもみ。
妹も大分気持ちよかったらしく、声を漏らしはじめました。
日頃ふざけてチチを触ってつねられたりしてはいましたが、
ここまでダイレクトに揉んだのは初めて&最近は女体ご無沙汰な自分は、すでにチンコびんびん物語。
やや長い間揉みふけっていました。妹もやめてといわなかった所を思い出すと、ご無沙汰だったのでしょうか?

で、ここまで来たら次まで行きたがるのが性。ですよね?
妹にさらに「あのさ、下は流石に触っちゃまずいですよね?」と控えめに聞いてみると、「はぁ?」とやや高めの声で返事。

流石に驚くのも無理はないでしょうね。妹もショックですw
しかし、返事を待つこと(おっぱいは忘れずに揉み)2、3分?たった時、「指は入れちゃダメだよ?」と...
流石にダイレクトにお〇んこを触る気までなかった自分は少々驚きました。
しかしすぐに我慢できなくなり、妹が履いていた七部丈ぐらいのジーンズを太股あたりまでずらし、白いパンツを目に治めます。

もう自分を抑える理性がほとんどなくなっていた俺は、パンツの上からの愛撫をせずに、すぐさま中に手を入れてしまいました。
あのとき相当興奮してました。今思うと、妹にあんなに興奮するものなんですね...。

次のページ


ケータイ官能小説トップ








Total:8641
今日:1
昨日:1

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space