今の彼女
1/3ページ

今の彼女と知り合ったのは、ワクワクメールだった。
スグに出会いを求める人のための掲示板が一番盛り上げっているのだが、俺は普通にメル友を募集して遊んでいた。
正月三が日のある日、集まってくる人が誰も居なかったため、エッチ系の画像を交換する掲示板を覗いてみた。
たまたま見た板にある女性が年賀状画像を配布しているということでメールをしてみると、

返信には年賀写メらしく新年の挨拶と、色っぽい画像が。
彼女は個人でもHPを管理しており、それからたまに絡みに行くようになった。

しばらく絡んだある日、彼女が俺と同じ県に住んでいることが分かった。
更に風俗に進学のために働くことを知った。
最初はなかなか指名がないということだったので、客先に行った帰りに何年か振りの風俗になるが、彼女のお店に行くことにした。

メールアドレスもこの頃は知っていたのでメールで出勤の確認をし、お店に行った。

お店に入る直前までメールでやり取りしていたが、店着いたときに先客の3人連れに指名され1時間待つこととなる。
ここまで来て帰っても仕方ないので、しばらく雑誌を見ながら時間を潰していた。
1時間ほど経ったであろうか、自分の番号札が呼ばれ、初対面を迎えることとなる。
彼女のHPで3サイズや、身長は知っていた。俺より若干高いはず。。が、実際には若干低かったので安心した。

(身長にコンプレックスがあるので…泣)

部屋に案内され、普通に風俗に来た感じでなく、お互い照れ笑いした。
『初めまして♪』
お互い改めて挨拶を交わす。それからはしばらくHPの話等をした。
15分くらいしたところで、シャワー、風呂、マットと一連のサービスを受けるが、元々責め好きなため、
彼女を4回ほど、潮まで噴かせて時間切れとなってしまった。
『こんなにイッたのは初めて♪』と言っていたが、社交辞令と聞き流していた。
再会の約束だけしてこの日は帰ったのだが、それからしばらくは仕事が忙しく連絡もご無沙汰となる。

と前置きが長くなり過ぎました。ここからが本題です。

仕事が落ち着き、久しぶりに彼女のHPを覗くと風俗を辞めたこと、彼氏に振られたことが書いてあった。
(風俗のお客だったみたいだが、風俗で働いたという点が彼氏は納得出来なかったらしい。)
かなりブルーになってたようなので、HP同様に久しぶりにメールをしてみた。
『辞めたみたいやね。。吹っ切れた?』みたいな簡単なメール。
直ぐに返事が来た。
『少しは落ち着いたよ』
前にメールしてた時より元気はないようだが、そこまで落ち込んではないようだった。

次のページ


ケータイ官能小説トップ








Total:11058
今日:2
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space