妹のパンツ
1/1ページ

中3の時、受験勉強に勤しむ俺も、人並みに性欲はあったので、
身近な異性である妹のパンツを嗅ぎながら、毎晩抜いていた。
その日も、何時ものように妹が入浴したのを見計らって、洗濯機
から失敬した後、自分の部屋で妹のパンツをスーハ-しながら、
ちんぽを擦ってたら、扉が開き母が突然現れた。

「貴広(俺の名)あんた、何してんの?鼻に押し付けてるの何?」

俺は呆然としたまま固まっていると、母はパンツを引っ手繰って、
「ちょっと、これパンツじゃないの!誰の?あんた人様の下着を
 盗んできたんじゃないでしょうね?」
『いや・・・麻衣の・・・』

俺は頭が真っ白になって、誤魔化そうとか、嘘ついてこの場を切り
抜けようとか、何の考えも浮かばなかった。
『麻衣って、・・・妹のパンツでそんな事!ホンとに人様の盗んだ
 りはしてないね?』
と散々問い詰められ、俺は「それだけはしてない!」と断固否定した。

結局、母は風呂からあがった妹に本人の物かを確認し、このまま
では俺が人様の家に侵入し、下着泥棒をやる恐れがあると思った
のか、ある公約を遂行する為に妹に全てを話したようだ。
要は「妹の下着は自由にしていいから、人様のは盗むな!」という
事だ。

当然、羞恥心も芽生えた6年生の妹は泣きじゃくって、猛反対したが
「貴広が警察に捕まってもいいの?あんた犯罪者の妹になるんよ
と、脅迫まがいに詰め寄られ、渋々了解したようである。それからと言うもの、母は度々俺の部屋を強制捜査するは、妹には

口を聞いてもらえなくなるわで、家での威厳はなくなった。
妹はフロからあがると、俺の部屋の扉を少し開いて、小さく折りたたんだ
パンツをポーンと投げ入れる。
(洗濯した物でなく、一日穿いていたもの)

俺はそのパンツをオカズに、抜くという作業が習慣となっていた。
(今思うと一番かわいそうなのは妹だったな。ごめんなこんな兄貴で。)
でも今、当時をふりかえると笑えるけど、その時はかなり情けなかったよ。

「お兄ちゃんの彼女ができるまでね」
と、母と妹の両者間で交わされた密約は、俺が高2になるまで継続され、
妹は中2になっていた。
希にではあったが、パンツを投げ込む前に、

『お兄ちゃん。彼女で来た?』
と小声で問う事があった。

「いや・・まだ出来ない!・・・ゴメンな」
とお決まりの返事をする俺。

この場合は、妹に・・・と言うかパンツ事態にトラブルが発生した事が多い。
臭いだとか、下り物が付着したとかね。
『・・・そう!あのぉ・・・今日ね!体育があっていっぱい汗かいたから
 チョッと臭うかも。臭かったらゴメンね。』
と真っ赤な顔でそう言いながら、パンツを投げ込む麻衣の姿が可愛い。

「いいよ。麻衣の物ならいくら臭くても」
と言ってやりたいが、軽蔑されるので止めといた。
スエットとトランクスを膝下まで下げ、仰向けに寝転んだ俺は、生地が厚く
重なったとこを鼻の上に置き、ちんぽを掴んで上下に擦る。

俺はパンツに残る妹の体臭を存分に堪能しながら、一日分の溜まりに溜ま
ったものを放出した

ケータイ官能小説トップ








Total:7516
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space