「早く、やれよ。オナやれよ。」「ヤダよ。変態じゃん。それをやったら」「裏垢女子をやっている地点でお前は変態だよ。」 私は、会社の先輩に裏垢女子という事にバレてしまいました。先輩に初めて仕事終わりに飲みに誘われた時に裏垢女子をやっていることを知っていると言われました。「お前があんな淫らなこともしているとは思わなかった。誰にも言わないから俺の言うことを聞いてくれる。」「はい。」 会社の休みの日に呼び出され、私はあまり人が来ない公園で先輩に電話で指示されながら1人でオナをしています。 掲示板 割り切り それから30分後、ようやく先輩の指示が終わり解放されました。「最高だったよ。」「もうやめたいんだけど。」「やめたら会社にチクるぞ。」「チクってもいいよ。もう無理。」それを言うと彼は黙り込みました。その後、彼は私を連れて居酒屋に行きました。もう、酒を飲みたい気分ではなかった私。その反対に彼はビールを一気飲みをして私の手を握りました。「ごめん。スケべな事が好きだと思ってこう言うことをしていたけど本当にごめん。誰にも言わない。これは命令とかではなく俺はお前のことが好きだ。付き合ってください。」突然の告白に驚きました。正直、こういう事をされる前までは彼のことが好きでした。だけど、今は分かりません。彼の告白に対して私はどんな返事をすればいいか分からなく、返事を保留しました。 その後彼は何もしてきませんでした。仕事場で会っても普通の対応してくれます。それから、1ヶ月後ぐらいが経ち彼から食事に行こうと誘われた。 円光をしているJK 円光をしているJK


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:148
今日:1
昨日:1

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space