高校生の私は両親が大っ嫌いです。顔合わせる度に喧嘩をするし、娘の前でも父は母に暴力をするし、母はそのせいか外で愛人を作って私に愛人を紹介したりと本当に家族崩壊をしています。「家出をしたい。」私はよく担任の先生に愚痴をこぼします。先生に家出の理由を教えると私の両親に呆れていました。だけど、家出の理由を話したからと言って何もしてくれるわけではありません。私は自分が成人するまで我慢をして高校卒業後に就職をしようと思いました。 そんなある日、部活の顧問の伊藤先生が私が大学行かないで就職する気持ちを伝えると驚いていました。「お前の成績ならいい大学行ける。もったいない。」「家出の理由を担任先生から聞いたでしょう。もうあの家を出たいの。」すると先生は誰もいないことを確認すると小声で話し始めました。「お前が良ければ高校卒業したら俺の家に来るか。 神待ち掲示板を使って習得した家出少女を家に泊めてセフレ化する法則 18歳になれば立派な大人だけどお前の人生がもったいない。こう見えて先生の家は広いからお前が1人来ても大丈夫だよ。」「それって、周りから見たら先生と付き合っている様に思われるよ。それでもいいの。」「かまわない。お前さえ良ければ。」実は前から伊藤先生が私の事を好きなことは気づいていました。私も同じ気持ちだったから。だから一緒に住もうと言ってくれた事は正直嬉しかった。私は伊藤先生の家にお世話になることにしました。もちろんこの事は2人だけの秘密。 高校卒業後、親には一人暮らしをすると言って家を出て行きました。そして伊藤先生の家から大学に通っています。 愛人契約 謝礼交際


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:71
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space