私の家には犬がいます。小型犬ですがちょっと肥満気味な愛犬に最近は毎日のように散歩しに出かけています。そのおかげか、散歩すると道中にとある男性とよく会い会話するようになりました。彼も犬を連れて散歩していました。中型犬の芝犬で、私の愛犬に興味津々なのかお尻のにおいをよく嗅いでいます。その姿に私たちはよく笑ってしまいます。 それから3ヶ月、彼と犬も一緒に入れる喫茶店へ行き楽しい時間を過ごすようになりました。私はこの人と付き合うかなと感じ始めていました。夜、自分の部屋で彼のことを考えると眠れなくなり体が火照ってしまいます。 舐め犬の探し方を覚えてクンニを堪能してます その度に愛犬を利用してバター犬になってもらい少しでもその火照りを冷まそうとしました。愛犬には悪いけど、バター犬になるといつも以上に舐めてくれるので本当に気持ちいい。そのせいかますます体重が増えてしまい、私は愛犬が倒れる前に彼に告白することにしました。 いつもの散歩コース、いつもの時間に行くと彼をすぐに見つけることが出来ました。「良ければ今度、犬なしで食事しませんか。」「私も同じことを考えていたよ。行こう。」こうして私たちはデートをすることにしました。それからすぐに彼と付き合うようになり、付き合ってからも犬の散歩は続けバター犬は卒業したおかげで愛犬が標準体型に変わっていきました。犬も気持ちいいけど、やはり好きな人とやるのが1番気持ちいい。彼は犬みたいに私をよく舐めてきます。その仕草もまた好きになり付き合ってからも彼に夢中な私でした。 オナ指示 LINEオナニー

本物のJKとセックスする方法


おじさんが本物のJKとセックスする方法は「お金を支払う」しか無いのですが、最近は規制が厳しくて「お金を支払う場所が無い」状態が続いています。


twitterなどのSNSには「#サポ希望」なんてハッシュタグを付けてツイートしているJKがいますが、SNSはログが残りますので、買った相手が補導されたりすれば確実に逮捕されてしまいます。

それがわかっているから手が出せない人はたくさんいるでしょう。


罪に問われずにセックスするには「ログを残さない」「児童だと知らずに売春した」しか方法は無く、前者は個人情報を残さずに利用できる風俗店(アンダーのいるJKリフレなど)がすべて摘発されてしまっているので、後者をどうにかして見つけないといけなかったのですが、僕はその存在に気づいてしまいました。

それは援デリです。


援デリは出会い系サイトで素人の振りをして客を取るデリヘルのことで、プロの風俗嬢ではなく素人とセックスしたかったから援交している男性からは忌み嫌われる存在だったりするのですが、本物のJKを狙うのであれば活用できる存在であることに爆サイと言う掲示板サイトを見ていて気がつきました。





出会い系サイトには18歳未満は登録できませんが(これがあるので「児童とは思わなかった」が通用する)、援デリ業者に囲われている本物のJKは自分で登録している訳では無いので、年齢制限なんて関係ありません。

さらに、ホスラブで援デリに関するスレッドを見ると、この推測が正しいことが証明される書き込みがたくさん見つかりました。














家出して生活費に困っている、ホストに行くお金が欲しいなどの理由でたくさんお金が欲しいけど年齢的にまだ風俗で働けない女の子が援デリに流れているんだと思います。

この理論を信じられない人もいるかもしれませんが、本物のJKとセックスできる可能性が少しでもあるならば試してみる価値はあると僕は思います。

援デリの相場はホ別イチゴですから、仮に本物JKが来なかったとしても、プロフィールの年齢が18〜19歳になっている子はどんなにサバを読んでも25歳以下でしょうから、ローリスク・ハイリターンの投資になるのではないでしょうか?


援デリ業者が主に利用する出会い系サイトは会員数が多い以下の5つになります。

・ミントC!Jメール(18禁)
https://mintj.com/

・イククル(18禁)
http://194964.com/

・PCMAX(18禁)
https://pcmax.jp/

・ハッピーメール(18禁)
https://happymail.co.jp/

・ワクワクメール(18禁)
https://550909.com/


援デリの女の子の探し方ですが、掲示板で検索条件を「18〜19歳」にした時に見つかるエロい内容の投稿主はみんなそうなので、簡単に見つかると思います。
(援デリ業者以外の投稿はエロい内容ではなく「暇つぶし」とか「ご飯連れてって」とか舐めてる内容ばかりなのですぐに見分けがつきます)








Total:499
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space