私の家には犬がいます。小型犬ですがちょっと肥満気味な愛犬に最近は毎日のように散歩しに出かけています。そのおかげか、散歩すると道中にとある男性とよく会い会話するようになりました。彼も犬を連れて散歩していました。中型犬の芝犬で、私の愛犬に興味津々なのかお尻のにおいをよく嗅いでいます。その姿に私たちはよく笑ってしまいます。 それから3ヶ月、彼と犬も一緒に入れる喫茶店へ行き楽しい時間を過ごすようになりました。私はこの人と付き合うかなと感じ始めていました。夜、自分の部屋で彼のことを考えると眠れなくなり体が火照ってしまいます。 舐め犬の探し方を覚えてクンニを堪能してます その度に愛犬を利用してバター犬になってもらい少しでもその火照りを冷まそうとしました。愛犬には悪いけど、バター犬になるといつも以上に舐めてくれるので本当に気持ちいい。そのせいかますます体重が増えてしまい、私は愛犬が倒れる前に彼に告白することにしました。 いつもの散歩コース、いつもの時間に行くと彼をすぐに見つけることが出来ました。「良ければ今度、犬なしで食事しませんか。」「私も同じことを考えていたよ。行こう。」こうして私たちはデートをすることにしました。それからすぐに彼と付き合うようになり、付き合ってからも犬の散歩は続けバター犬は卒業したおかげで愛犬が標準体型に変わっていきました。犬も気持ちいいけど、やはり好きな人とやるのが1番気持ちいい。彼は犬みたいに私をよく舐めてきます。その仕草もまた好きになり付き合ってからも彼に夢中な私でした。 オナ指示 LINEオナニー





Total:190
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space