結婚に焦る私。モテる女になるために料理教室に通うようになったけれど、出会いがないまま料理だけが上手になってきました。「大島さん、本当に上手になりましたね。」「ありがとうございます。先生。」でも、私は料理が上手になっても彼氏ができないと意味がない。私は婚活アプリを利用して彼氏を探しました。 「趣味は料理です。仲良くなったら是非私の料理を食べてください。」プロフに載せると「その料理食べたい。」と、言ってくれる男性のメールが届きました。そして、婚活アプリのお陰で1人の男性と出会うことが出来ました。 初めてのデートで手作りのお菓子を作り男性にプレゼントをしました。男性はすごく喜び、私も自分の作った料理を喜んでくれる姿が見れてすごく嬉しかったです。 セフレ 「このまま晩御飯も食べてみたいな。」そんなことを言われて、まだ? 今日が初めて会った彼に気を許してしまい彼の家でご飯を振る舞うことにしました。 「美味しい、こんな美味しい料理を毎日食べられたら嬉しいな。」まるでプロポーズと思うような言葉に私は照れてしまいました。そんな私に彼はキスをしました。驚く私の表情に彼は「次はデザートを食べたい。」と、言ってさっきのフレンチキスと違い、熱いキスをしてきました。私は驚きますます身体が硬直して顔も赤くなりました。「可愛い。」抵抗しない私に彼は気を許してそのまま私を抱きしめ身体を重ね会いました。 終わった後、彼は「また、次も料理を作ってね。」と言いました。私は顔を赤くしながら頷きました。また手料理を振る舞ったら私も食べられちゃうと思ってしまいました。 ポケモンGO 出会い系サイト


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:213
今日:3
昨日:1

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space